いなかのなか

東京から田舎へ引越し。大変すぎて戻りたい。でもそのうち良いこともあるといいなあ。それまでの日々の気持ちに向き合うために。

イオンが支配する田舎〜子ども編〜

都内に住んでいたころには、

ゲームセンターなんて近所になかった。

 

週末家族で越谷や幕張のイオンに遠出したときに

子どもがゲームセンターで遊ぶ程度で、

頻度なんて半年に一回くらい。

 

なのに、この田舎には至るところにゲームセンターがある。

というより、至るところにイオンがある。

イオンの中には必ずゲームセンターがある。

 

ゲームゲームゲームゲーム、ゲーム病だろと思うくらい、

週末子どもがしたいことはイオンでゲーム。

 

都内にいた頃は気軽に保育園の友だちと遊べた。

歩きや自転車で登園しているメンバーだから、

遊ぶ公園もだいたい同じで、わざわざ予定を合わせなくても、

公園で会った友達と遊べばよかった。

そしてそこでお互い長居はせず、それぞれの用事の合間に公園にいるから、

会うのも別れるのも気軽にできた。

 

でも田舎は違う。

まずは車社会。

保育園の送迎も車。

公園でたまたま会うことなんてない。

だからか、予定を合わせて遊ぶと1日コース。

会うのも別れるのも大掛かりになる。 

 

田舎でのびのび自然と遊ぶにしても、

大掛かりな予定調整が手間になり、

子どもの遊び相手の子どもがいない分、大人の私がつきっきり。

最終的に果てしない子供の体力についていけず、私が疲れてイオンに逃げる。

 

悪循環。イオンで遊ぶために引っ越したんじゃない。

どれだけイオンに貢献したのか。

 

夢は夏休みや冬休み、東京の子どもの友達が

田舎体験しに毎年遊びに来てくれること。

その日を楽しみに、脱イオンをしたい。

仕事の進め方

大手企業には従業員が何千人といて、
一人が0から10まで一つの業務をフルに対応することはなかったと思う。
窓口担当、事務担当、決済担当、商品管理担当・・・など、それぞれの分野の専門がいて、それを統括する部署もあり、各々がプロとして業務経験を積んで組織を動かしていたと思う。

一つ一つの業務が洗練されていて、ミスも回避できるチェック体制も確立され、ルーティンとイレギュラーが明確になっていたと思う。

それが田舎で働き始めてからは、非効率の塊のような、そんな業務がゴロゴロとしている。毎年毎年なぜか担当者が変わり、業務自体が揉まれる前に、次の担当者に表向きだけ引き継がれるので、結局は初めて業務のように毎年手探りで前年のやり方を調べるところから仕事が始まる。前の担当者にも今の担当者にも次の担当者にも業務経験は何も残らない。ただ目の前のことをやり過ごすために、その業務を終わらせるだけ。

そして洗練されない業務だけがそのまま残る。

なぜこれを行なっているのか、目的はどこにあったのかなんて誰も知らない。
前の人がやっていたからやっている。
振り返りなんて誰もしない。そんな暇なく、次々とたらい回しにされている業務が前の担当者からやってくるから。それをやり過ごしていかに別の担当者に回すか。

前職と現職、1日の勤務時間は同じなのに、仕事の進め方は全然違う。

今まで気持ちを隠していたが、現職の仕事の進め方は最悪だと思う。 

最近やっと世界屈指の都市東京に集まるビジネスマンが勤めていた大手企業本社の仕事の仕方と、ここの仕事の仕方を比べるのは、あまりにも土俵が違うと発想できるようになった。

もちろん、田舎の職場での人事評価なんて言葉だけ。
評価方法も「よくがんばりました」程度の時間の無駄な作業で、さらに何かに反映される訳でもない制度。

組織の方針を個人の業務に落とし込んで自分が何に向かって今の業務をするのかを計画し、それに対して実際どう業務をしたかを量的・質的な側面から評価して、さらに給料や賞与など何かしらに反映されるという制度が当たり前だと思っていた。

なので、現在の人事評価には毎回苛立ちを感じる。

さて、では転職すればいいかというと、田舎あるあるだと思うが、転職先がない。
正しく言うと、求人をしている企業はさらに条件が悪いところばかり。

ということは、文句ばかり言ってても何も良いことは起こらない。

気づけばどっぷり田舎仕事が身について前職で積み上げたことも無駄になってしまう。

そうなる前に、現状に違和感を感じているうちに、好き勝手自分がやりやすい仕事の進め方でやるしかない気がする。

 もう30代、前職は周りのかっこいいプロの仕事人がたくさんのことを教えてくれたが、今は自分の知識・経験を自分で身につけていけるようもがいてみよう。

お金がない

東京で生活していた頃は、大手企業の本社事務・・・

仕事もプライベートも充実していて、お給料も文句のない額で、福利厚生は手厚くて、

毎週いろんなコミュニティの人たちと飲み会があって、

それはそれは楽しい毎日だった。

 

引越して数年。

未だにあの頃は・・・と老害のごとく、東京の楽しかった日々を思い出し、懐かしみ、今の田舎生活を受け入れる壁を作っている。

 

田舎に引っ越すにあたり、

年間の収支も計算し、どのくらい減るかも想定し、

ある程度予想し、現実もだいたい予想どおりの収入なのに・・

なのに・・・つらい!!!

どんなに事前にわかっていても、

わかっていて決めたことでも、

現実に起こると辛いということがわかった。

 

家電が壊れても、前なら気軽に買い換えられたのに、

今はお金がないから買えない。

年に一度は家族旅行に行けたのに、遠方の実家に帰省するときはお土産を買って、

両親にご飯もごちそうしてって出来たのに、

今はお金がないから両親にごちそうになることが増えた。

辛いし、悲しい。

 

お金がなければ、使わなくても楽しく生活できるようと気持ちを切り替えるときもあるが、ふとしたときに縛られるこの感情。

お金がなくて辛くて悲しい。

誰かに素敵なプレゼントができない。だってお金がないんだもの。

 

今年はこの感情とうまく付き合っていきたい。